橘の収穫と製造が最盛期です。


日本の暦 二十四節季の七十二候で「橘始黄」(たちばなはじめてきなり)は、12月2日から6日です。

古の時代から珍重されていた香りのいいタチバナを収穫し、加工するのは至福の時です。

部屋中、建物中に香りが満ちています。う~~ん 素晴らしい日本の香り!

3cmほどの小さな実を一つづつ丁寧に洗い、切り、皮を剥いて、種を取り、果汁を絞り、中袋を取り除きます。

果皮は8分割にカットして、灰汁取りをしてから煮ます。

大変手間のかかる作業が多いですが、手作りならではの味がそこにあります。

低速ジューサーで絞っていた初期とは違い、果汁は透き通るようにきれいな黄なりです( ´∀` ) 

今年も香りがよく美味しいどこにもないジャムやマーマレードを作ります。

さあ~ がんばりまっす!!